お通夜の服装と知識|忙しい時に便利|遺品整理や葬儀は業者に依頼で時短が可能
夫婦

忙しい時に便利|遺品整理や葬儀は業者に依頼で時短が可能

お通夜の服装と知識

線香と蝋燭

お通夜は略式で

一生の中で葬儀に出る機会は何回か出てきますが、お通夜での服装にはいくつかのマナーがあります。東京などでも葬儀では喪服を着用します。種類は正式なモーニングや和装、略式のブラックスーツやブラックフォーマルがあります。格は正式が上ですが、親族よりも格が上にならないように略式を着用して参列することがマナーになっています。お通夜の場合は急なときもあるため、ネクタイと靴下を黒に変えるだけで参列しても大丈夫です。時間に余裕があれば、一般的に略式のブラックスーツかブラックフォーマルを着用していけばマナー違反になることはありません。そして男性はネクタイピンや結婚指輪以外のアクセサリーは付けないのが、マナーです。女性も派手なアクセサリーは避けて髪型やメイクなども地味にして、肌を露出させないようにします。これらが、東京でのお通夜のマナーになります。

遅刻しても参列する

東京などでお通夜の知識を事前に知っておくと急に参列することになっても、あせらずに済みます。最近は葬儀告別式よりお通夜に参列するケースのほうが増えています。時間も2時間くらいで終わるようになってきました。遅刻に関して葬儀告別式ではマナー違反になりますが、お通夜では遅れて行っても途中から参列できます。そのときは葬儀社の人に遅れたことを伝えて途中から参列させてもらいます。時間通りに着いた場合は受付で、お悔やみを述べて記帳と香典を渡します。それから式場に入って、遺族にお悔やみを述べます。そして、ある決められたところに着席して、葬儀会社の司会の進行に従って焼香などをします。あとは案内に従って通夜振る舞いをいただき終了となります。これらが東京でのお通夜の知識になります。