夫婦

忙しい時に便利|遺品整理や葬儀は業者に依頼で時短が可能

式の後の流れと香典返し

花と数珠

挨拶は、なるべく早く

葬儀が終わると一段落しますが、まだ遺族にとっては多くのやるべきことがあるため事前に確認しておくことが必要です。大阪などでも葬儀が終わったその日のうちに世話役から引き継ぎを行い、見えないところでの弔問客からの心遣いを聞いておきます。引き継ぎの内容は会計の精算や立替金の返済、会葬者名簿、弔電や弔文の綴り、香典や供物の控えなどがあります。そして葬儀の後なるべく早く喪主がお世話になった人に挨拶にいき、弔電や供物をくれた人にはお礼状を出します。挨拶に行くところは葬儀委員長や恩人、社会的に地位の高い人、葬儀中お世話になった人などにいきます。状況によっては菓子折りを持って行きます。一般の会葬者に対しての挨拶は会葬礼状を送ります。服装は葬儀直後のときは基本的に喪服が良いですが、2〜3日後の場合地味な平服で挨拶回りをします。

忌明け前後に送る

葬儀でいただいた香典や玉串料、供花、供物などに対しての返礼品は香典返しといいます。大阪などでも葬儀が終了してからの香典返しは遺族の心と体が落ち着いた頃に送ればよく、基本的に急ぐ必要はありません。目安としては忌明け(49日)前後にお手紙を一緒に送る場合が一般的で、これは仏式に関しての例です。宗派によって変わり神式のときは霊前祭(50日際)、キリスト教の場合本来香典返しはありませんが大阪でも日本のしきたりに合わせて、追悼ミサや召天記念会の後に送ることが目安になっています。金額はいただいた香典などの半額程度の品で「半返し」と呼ばれていて、金額に合わせて三段階くらいの品を用意するのが大阪では一般的です。品物は、お茶や海苔などの残らずに縁起が良いものやタオル、洗剤などがありますが自分で選べるカタログギフトや商品券なども送られています。